ケアレスミスを減らすために

こんにちは!
学習空間 群馬県央エリア 高崎足門教室・高崎筑縄教室担当の井野です!

みなさんは数学や英語でのケアレスミスに悩まされたことはありませんか?誰しもが一度は経験があると思います。
そんな時によく言われるのが「見直しをしましょう」という言葉でしょう。
確かに見直しをするのがケアレスミスを減らすための近道です。ただ、見直しをしなさいと言われてもテスト後に解答を眺めて誤字脱字がないか、記号で答えるものを記述していないかなどのところでしか見直しができていない人も多いと思います。はっきり言ってしまえば見直しの仕方がわからないなんて人も多いのではないでしょうか。
そのため、「見直しをしよう」の前に「見直しができるように準備しておこう」というのがケアレスミスを減らす為の初歩になるのです。

では具体的に見直しを効果的に行うには何から始めるべきかというと、「自分のミスをしやすい箇所を見つける」ということです。
そのためには自分がミスをしてしまった問題をもう一回解き直して「どこから間違えてしまったのか、どうすれば間違えずに解けたのか」を必ず分析をしましょう。
符号のミスなのか計算のミスなのか、それとも計算の仕方がそもそも間違えているのかなど、計算問題のミスといっても原因はいろいろあると思います。
このミスの原因分析をしっかり行うことで自分がどんなポイントでミスをしやすいのか弱点をつかみやすくなります。

弱点がつかめたら次は弱点に向けての対策を考えてみましょう。
例えば符号ミスについては「違う符号の掛け算で間違えやすいから掛け算の時には必ず符号を確認しよう」や「移項が多くなると間違えやすいから途中式を多めに丁寧に書いてみよう」など注意するべき点が見つかると思います。
あとはこの注意しないといけないポイントを「毎回必ず」意識することでミスは減ると思います。
この「毎回必ず」というのが地味に大事でケアレスミスの多い人の特徴として、少し急ぐと途中式を書かなくなってしまったり、同じ形式の問題を解くときに特に意識を置かずに解いてしまったりという点があると思っています。
そのため一回見つけた弱点を克服するためには克服するまで毎回意識を置く習慣を作ってみてください。
必ず意識するためには問題を解く時に気を付けるべきポイントを書き出しておいたりノートの表紙など目立つ所に書いておいたりなどの工夫をしてみても良いと思います。

そしてこの弱点を意識することが習慣付いたらようやく効果的な見直しができると思います。
問題を解いた後に自分で気付いた弱点を中心に見直ししてみましょう。
既に問題を解く時に意識して解いている上に見直しをすることでダブルチェックをすることになり一番初めの段階より確実にミスが減っているハズです!

このように自分での弱点分析と毎回問題を解く上での意識を欠かさずコツコツ行うことで問題を解く上でのミスが減り見直しも効果的に行えると思います。なかなか継続するのは困難ですが意識することを忘れずに点数アップを目指してみてください!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

勉強に必要なのは量or質?

はじめまして!
個別指導の学習空間、兵庫エリア加古川南教室・姫路大津教室の安宮です!
私は一昨年より学習空間に入社し、今回初めて「勉強やり方ガイド」を投稿させていただきます。

今回の内容はずばり「勉強に必要なのは量or質?」というものです。
言葉通り勉強をするうえで大切なのは勉強の量なのか、勉強の質なのかということです。
よく話されることなので皆様も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
実際に私自身も体験生徒に聞かれたことがあります。
皆様ならどちらだと答えますか?

あくまでも私の考える結論から話すと、私は「どちらも大切で、どちらもないがしろにすることはできない」というものでした。
ずるい答え方になってしまいすみません…

ですが、考えてみてほしいのです。
例えば計算のルールを全く知らなかったとしましょう。
その際に 3X+4-7X‐5 という問題があったとします。
もちろん答えは‐4X-1です。
ただ、この計算ができるのは文字と数字は加法・減法にて計算できないといったルールを知っていなければ何十問と解こうとおそらく正解できないのではないでしょうか。

何が言いたいかというと、量だけではだめであり、どのように学習していけばいいのかを意識する勉強の質が大事になってくるということです。
もちろん勉強量が重要なことは言うまでもないですが、量や時間をかければかけるだけ成績が上がるという考え方には落とし穴があるということも頭に入れて学習していきましょう!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

スキマ時間を使ってみよう!

こんにちは!
学習空間神奈川西部エリア小田原東教室・平塚中原教室担当の山本と申します。

この度、学習空間のブログを見てくださり、ありがとうございます!
私は今回のブログを通して、私が高校生の時に大学入試にむけて行っていたスキマ時間の活用方法とその成果についてお話させていただければと思います。

私はかつて、自宅から電車とバスを乗り継ぎ、片道合計2時間かけて高校まで通っていました。
実は私は公立高校入試で失敗してしまい、併願していた私立高校に3年間通うこととなりました。
「落ちる」という経験は私にとって非常に辛いもので、高校に入学してからすぐに落ちてしまったことを引きずりながらも、「大学は絶対に行きたいところにいってやる。」という気持ちで勉強していました。

そんなある日、この長い移動時間をなんとか有効活用できないかと考えるようになりました。
始めは英単語の暗記を行い、漢字の暗記や古語の暗記にも使いました。
数学の基礎計算をやってみることもありましたが、さすがに満員電車の中でシャーペンを持って解くというのは危ないですし、難しいものがありました。(笑)
そして移動時間は英単語や漢字、古語の暗記をするという形に落ち着きました。

暗記方法に関してですが、私は特別なことは行いませんでした。
英単語の暗記方法が一番説明しやすいのでそれを例にあげさせていただきます。
私は大学入試の長文を解けるようにしたかったので、英単語を見て日本語を答える練習を毎日繰り返し行いました。
単語帳とともに付箋を持ち歩き、その日見た単語で分からなかったり、怪しかったりするものに関しては付箋を貼り、翌日その単語+新しい単語という形で進めていきました。
これを3年間一つの単語帳に絞って行いました。
3年間でその単語帳を計20周ぐらいはしたのかと思います。
それほど繰り返すと、英単語を見ると日本語がすぐに出てくるようになり、勉強していても、スラスラ長文が読めるようになりました。
当時は現代文の方が読みにくいと感じていたほどです。(笑)

志望大学にも行くことができ、振り返ってみるとそのスキマ時間を使ったことが功を奏したのかなと思います。
皆さんも電車やバスに限らず、日頃の生活の中で有効活用できる時間は必ずあると思います。
まずは1日5分からスタートという形で問題ないので、スキマ時間を見つけてやってみてください!

神奈川の塾なら個別指導の学習空間

運動すると成績が上がる。

学習空間、前橋小出教室と学プラ担当の真下です。

皆さんは一流の頭脳という本をご存じでしょうか?
この本では運動が脳にどのような影響を及ぼすかを科学研究に基づいて説明してくれています。
面白いことに運動と学力には強い関連性があるのです。

実は持久力がある子ほど成績が良いということが分かっています。
体力のある子は海馬が大きく、記憶力に優れているそうです。
また立って勉強すると平均して10%成績が上がったということです。

他にも運動するとストレスに強くなり、集中力も上がり、やる気もでることが分かっています。
運動の内容としては軽いウォーキングからランニングまでどれも効果があるそうですが、負荷がかかる運動の方がより効果的だそうです。
ただし、負荷がかかりすぎると逆効果になってしまうそうなので適度な運動が望ましいです。

こんなに良いことだらけならもう運動するしかないですね。
私も最近は運動不足なので、今年は定期的な運動を習慣にしていきたいです。
続けられるかは別問題ですが・・・。
このブログを見て下さった皆様も運動の素晴らしい恩恵を受けていきましょう!

参考文献 一流の頭脳 アンダース・ハンセン

群馬の塾なら個別指導の学習空間

テストや模試を受けた後

個別指導の学習空間、静岡東部エリア富士西教室・三島北教室の宮林です。

みなさんはテストや模試を受けた後や結果が返却されてから、何をしていますか?実はテストを受けた後や返却された後の勉強が大事なんです。私は大きく3つできることがあると思っています。それがこちらです!

1.その日のうちに1回復習
テストや模試当日に1回復習しましょう。結果が返ってきて復習する人は多いと思います。当日は、「できた」「できなかった」だけで終わってしまう人が非常に多いです。せっかく問題をたくさん解いて頭のなかに自分がどう答えたか残っているのに、そのまま勉強をやめてしまうのは中途半端になってしまいます。普段の勉強も、解いたら解きっぱなしではありませんよね。解答解説から合っている、間違っているかを確認します。
テストを受けて疲れていても、あと2~3時間踏ん張ることで、その日に受けた問題を、100%頭に取り込むことができます。では具体的に何をするのか、、、頭がまだテストのモードのうちに、何を書いたのかを問題用紙にメモしておきましょう。「知識で解けた」「忘れてしまっていて解けなかった」など知識で解く問題(数学の公式で解く問題、社会の歴史年号など)はその日のうちに復習することが大事です。自分の解答をみたところで、わからなかったところが明確になりますので、答案が返ってきたときよりは、わかっている時間が長くなります。その解答のプロセスをメモする理由は、答案が返ってきたときに、自分がなぜこの答えにたどり着いたかわからなくなることが多いので、自分がどう答えたか、何が間違っていたのか、どこを直せばよいのかが簡単にわかるようになります。当日はできなかったショックが大きいので、ショックと一緒に解答を覚えていきます。知識で解く問題はその日に復習し入れなおしましょう。最低限、どこができなかったのか、どこをどう考えたのかはわかるようにメモしておきましょう。知識の確認と、その日に解いた内容の復習を必ずやりましょう。これができるかどうかで差がつきます。

2.答案、結果が返ってきて1回復習
これは当然のことですが答案が返ってきてから1回復習しましょう。このときの復習のメインとなるのは、1番で残しておいた解答プロセスと、答案用紙から減点されているところなどを見て、どこをどう直せば点数につながるのかをチェックすることです。例えば現代文の答案で、自分が書いた解答のどこが減点されているのか、正答とどこが違うのかを照らし合わせしょう。単純にその場での間違いなのか、解答の書き方が丁寧ではないのかなど、このあたりの原因を見極めていくのが大事なことになります。1と比べると、知識というよりかは、記述の復習となります。

3.ストックして何回も復習
1、2で復習して「わかった」だけではもったいないです。特に模試は模範解答が渡されるので、解答を見たら誰しも知ったかぶりができるわけです。しかし、その場で知ったかぶりしても、本番で使えなければ意味はありません。ではどうすればいいのか。エストや模試の復習ノートを1冊用意して、問題や解答をコピーし貼り付けておいて何度も見返しましょう。1冊つくり、自分が何を間違えやすいか、どういう解答プロセスで間違えたのかをとっておくことで、今後の勉強の役に立つはずです!そうすることで、入試本番の前に見返したりできます。また、勉強のモチベーションが低い時に、ストックしたものを見返すのも良いです。そこで自分はこういう間違いをするのだと見返せると、かなり良い復習になります。復習の効果が表れやすいのはこれをやるかどうかで違ってきます。なにより、1回間違えたものは何回も間違えやすいです。一度苦手で覚えられなかった英単語が、もし1回できたとしても、2回目にできるかわかりません。自分が苦手なものは、なかなか克服するのが大変です。なので、ストックして何回も見直すことで、自分の苦手と真に向き合って克服することができます。やったことは記録に残して何度も見直すことで復習は100%活かすことができます。

もちろんそれぞれできることには限りがあります。しかしテスト後もできることはたくさんあるのです。受けっぱなしで終わらせないことが大きな差につながります。ぜひ参考にしてみてください。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

エビングハウスの忘却曲線

個別指導塾の学習空間、札幌第1エリア石狩南教室・西野教室の工藤です!

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします!!

今回の勉強のやり方ガイドでは効果的な復習の仕方について書きたいと思います。
過去に同じようなやり方ガイドが出ていたら申し訳ないのですが(笑)
初めて書くのでご了承ください!

さて、日々学習空間で指導をしているとこのような相談をされることがあります。

「いつ復習すればいいですか?」

「どんなことを復習すればいいですか?」

そこで私はいつもエビングハウスの忘却曲線についてのお話を生徒にしています。

(以下、私と生徒の実際のやり取りです)

私「ある時、エビングハウスというドイツの心理学者さんが『人はどのようにモノを忘れていくのか?』という人体実験を行いました。
人体実験といってもホラー映画に出てくるような怖い感じのものではありません(笑)
複数の被験者に意味のない単語の羅列を覚えてもらい、1時間置きに単語テストをしたのです。
そして、1日経つとどのくらい忘れているのかという実験を行いました。すると・・・驚きの結果が!!」

私「1日経つと人は何%くらい忘れると思う???」

生徒「うーーーーん。20%くらい??」

私「正解は・・・人間は1日経つと約70%のことを忘れていくんだって!!」

生徒「えっ!?どうしてそんなに忘れてしまうの??」

私「生きていると日々新しい情報が頭に入ってくるでしょ?それをどんどん吸収していったら頭がパンクしてしまうんだ。だから、○○さん(生徒の名前)が生きていく上で必要な情報だけが記憶として頭の中に残り、不必要な情報は忘れてしまうのだよ。」

生徒「へえー本当にそうなの??」

私「それじゃあ、試しに実験をしてみるかい?」

生徒「人体実験!!?」

私「そんな大それたものではないから安心して(笑)」

私「今日の給食の献立は覚えているかい?」

生徒「えーっと・・・カレーライスに牛乳、フルーツ白玉に龍田あげとかだったかな?」

私「それじゃあ、今日の朝ご飯は何食べたの?」

生徒「ご飯にお味噌汁、卵焼きにサラダとウインナーかな。」

私「それじゃあ昨日の晩御飯は?」

生徒「焼肉!!」

私「それじゃあ、昨日の給食は?」

生徒「・・・・・えーっと(だんだん回答が遅くなる)」

私「一昨日の給食は?」

生徒「えーーーーーわからない!!!」

私「そう!それが忘れるということなのだよ。今日の給食は新しい情報だから頭に残っているけれど、一昨日の給食は○○君が生きていく上で不要な情報だと判断されて忘れてしまったんだね。」

生徒「なるほどね!すごいね!」

私「勉強も同じなんだよ。今日学習したことを24時間以内に復習することで記憶がまた100%に戻る。その次は1週間後に再度復習をする。そして2週間後、1か月後、また復習を重ねる。」

私「忘れないようにするために繰り返し復習をすることでこの情報は○○君が生きていく上で必要な情報なんだ!と頭に認識させることが大切なんだよ。」

生徒「たしかにね!!復習ってだから大切なんだね。なぜやらないといけないのかわかったような気がする!ありがとう先生!」

生徒「それじゃあ、何から復習すればいいのかな?」

私「そうだね。まずは今日学校で勉強した内容の復習から始めてみたら?最初はノートを見直すだけでもいいと思うよ!」

生徒「それならできそうだ!」

私「それが当たり前にできるようになったら学校ワークで復習をしてみるとより効果が出るよ!是非今日からやってみてね!」

生徒「はい!やってみます!!」

おわり

札幌の塾なら個別指導の学習空間

みんなも「先生」になってしまおう!

個別指導塾の学習空間 愛知エリア 岡崎東教室・岡崎北教室の松永です!

ちょっと不思議なタイトルかもしれませんが、今回のテーマは「理解度」についてです。突然ですが、皆さんは次のような経験はないでしょうか?

テストで、一問一答の形式の問題はなんとか答えられるけど、少し応用を利かせた問題や、「理由を答えなさい」、「説明しなさい」という聞き方の問題にはまるで歯が立たない…だから平均点より上をなかなか取ることができない…

こういった経験は学生時代の私もありますし、皆さんの中にもあてはまる人は多いと思います。それを解決する手段の一つとして、思い切って「先生になってしまうこと」を挙げたいと思います!

とは言っても、もちろん本当の先生になってもらうわけではありません。自分で勉強していくときに理解度を測る基準として、「解けるか解けないか」だけでなく、「友達や家族に教えられそうか」も加えていこうということです。例えば植物の単元について、先生が生徒に口頭でテストをしている次の2つのケースを見てみましょう。


先生「蒸散が多く起きるのは葉の表側と裏側のどっちかな?」
Aさん「えーと、葉の裏側!」
先生「正解!じゃあなんで葉の裏側のほうが多く起きるの?」
Aさん「え…分からないです。そう書いてあったから…」
先生「そうか。じゃあ次はそこまで考えてみようか。」


先生「蒸散が多く起きるのは葉の表側と裏側のどっちかな?」
Bさん「葉の裏側です。」
先生「正解!じゃあなんで葉の裏側のほうが多く起きるの?」
Bさん「えっと、蒸散は気孔で起きていて、葉の裏側の方が気孔が多いからです。」
先生「その通り!よく理解しているね!」

①のケースは「解ける」けど「教えられない」状態、②のケースは「教えることまでできる」状態です。①の状態では、用語を問われる問題は解けても少しひねった問題には対応できなさそうですが、②の状態ならテストに安心して臨めそうですね。その答えになる理由まで自分の言葉で説明できているこの状態こそ、「理解度が高い」状態と言えるでしょう。

塾の先生であれ学校の先生であれ、先生たちはこの②を目標として常に勉強を重ねています。皆さんも先生になったつもりで勉強をすることで、一つ壁を越えられるかもしれません!

学習空間では「自分で考える力」も育てられるような指導をしています。友達や家族に教えるとか恥ずかしい…そんな子も大丈夫!塾で先生に遠慮なく説明してみてください!応用力や思考力をどんどん伸ばしていきましょう!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

予習のすゝめ

個別指導の学習空間 北海道旭川エリア 旭川東光・旭川緑が丘教室の渡邉です。

予習と聞くと「難しい」「無理だ」
そんな感覚を抱いてしまいがちです。
どこまで進めていくかは
それぞれの自由です。
教科書を読む
それだけでも良いでしょう。
教科書傍用問題集も取り組む
なかなか良いペースです。
次の単元まで進めてみる
大学受験に向けて良い準備ができます。
学年に応じて
教科に応じて
授業担当の先生のペースに応じて
予習を工夫していくと良いと思います。

何のために予習をするのか?
授業を1回目の復習の場にする
授業が復習?
授業って教わるものじゃないの?
よく生徒にも聞かれました。
予習をしていくことで
自分の課題が見つかります。
例えば
例題のこの解説の意味が解らない?
良いでしょう、その感覚。
だからこそ授業を聞きたくなります!
このグラフって何だろう?
授業で先生の感覚を聞いてみましょう!
この英文ってどう訳すんだろう?
辞書で調べてみたくなります!
Google先生にも聞いてみよう!
授業ではどう扱われるんだろう?
さて
これらに共通する「感覚」は何でしょう?
どれも「興味」が湧いています!
どんなことに対しても
興味をもって取り組むことで
その充実度は増していきます。
だから予習をすゝめています!

小学生・中学生
学校から帰ったらその日の復習を。
まずそれは習慣にしたい事の一つです。
その上で
次の授業ではどんなことを学ぶのか?
この感覚があれば一歩進んだことになります。
漢字を見ておく
計算方法をマネしてみる
社会の用語を知る
理科の実験を見ておく
英文を読んでみる
等々
そんな程度で構いません。
授業が始まると
「知っている自分」がそこにいます。
発表したくなります!
いつもより前向きに授業に参加できますね。
「なんだろう?」
疑問を持って授業に参加もできます。
授業で扱われなければ
先生に聞きに行ってみましょう!
「なるほど!」「わかった!」
自分の課題が解決するので
今までよりもヤル気に満ち溢れていきます。
自分で学ぶことが身についていきます。

高校生
特に国公立大学の受験生
中3から高1の春休み
ここが予習の威力を発揮できます。
旭川エリアでは継続高1の生徒さんに
1学期の中間テストの範囲程度まで
春休み中に取り組ませています。
数学がメインです。
計算が中心の分野ですので
感覚を掴んでしまえば
自分でどんどん進められます。
高校の数学の授業が進んでも
さらに一歩前進しておくと良いでしょう。
進められるせ生徒さんは
高1の冬に高2の予習が始まり
高2の冬には共通テストの範囲が終わります。
つまり
高2の1月には共通テストで試せます!
1年後が楽しみですね!

予習なので
上手くいかないことが前提です。
予習なので
そんなに悔しさを感じません。
疑問点、課題点を克服するために
授業を大切にしたくなります!
解決できた時
その授業の先生が神様に見えます(笑)
皆さんの日々の充実に期待してます!!

北海道・旭川の塾なら個別指導の学習空間

モチベーションの保ち方

個別指導の学習空間 兵庫エリア
加古川野口・稲美教室の吉田です。

今回はモチベーションについてお話ししようと思います。
勉強の具体的なやり方ではありませんが、勉強を継続的に進められるやり方なので、勉強の中で一番大切なのではないかと私は思っています。

モチベーションを保つコツはいくつかありますが、私は以下の3点に重点を置いています。

1つ目はライバルを持つこと。ライバルがいれば負けたくないという気持ちがやる気を導いてくれます。そのライバルは誰でも構いません。友人でも同じクラスのそんなに親しくない人でも大丈夫です。

2つ目は自分に長期的な褒美と短期的な褒美をあげること。長期的な褒美は例えば受験に合格したらディズニーに行くなどです。短期的な褒美は例えばこのページが終わったらお菓子を一つ食べるなどです。何か目標ができると意識がそちらに向き、自然と勉強ができるようになります。

3つ目はやる気の出る本や動画を見ることです。例えばyoutubeには多くの著名人のスピーチなどが挙げられています。再生数が多ければ多いほど多くの人の心を動かしたということなので、100万回以上再生されていればなんでも構わないと思います。その人の考え方だったり、経験を聞くと今の自分の状況などと重ねてこの人のようにしたら成功するかもしれないとやる気が出てくるかもしれません。

他にもまだやる気を出す方法はあると思いますが、受験勉強するときにやる気が出なくて困ったら上の3つのことから始めてみてもいいかもしれません。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

只管朗読

個別指導の学習空間、山梨エリア、都留教室、学プラ担当の山根です。

皆様は「只管朗読」という言葉を聞いたことはありますか?
これは同時通訳の神様である國弘正雄さんの言葉です。
これは、ただひたすらに音読をしなさいというものです。

私はほとんどの科目の勉強に音読を採用しています。
理由は音読はコストパフォーマンスがとても高い勉強法だからです。

まず音読は時間が短くて済みます。
同じ文章を10回書くのと10回読むのでは圧倒的に回数を重ねることができます。
その結果、短いスパンで何度も覚えたいところを復習することができ、記憶への定着が高まります。
数学の公式なども何度も繰り返して声に出せばきっとすぐに覚えられるでしょう。
英語の本文も覚えられ、文法は間違った順番で読むと体が違和感を覚えるようになり、整序問題や英作文で正しい文を即座に導くことだ出来ます。

次に音読をするためには、読み方がきちんと分かる必要があります。
社会や理科の難しい単語の読みをきちんと調べる癖がつき、その言葉の意味を同時に調べることで理解が深まります。
また英語は正しい発音を聴くことで、リスニングに良い効果があります。

このように音読はどの教科でも通じる万能の勉強方法です。
勉強を何から始めたらいいかわからない。
そんな時にはただひたすらに教科書を音読してみてください。
地味で地道で退屈かもしれませんが、どの分野でも成功者は、当たり前のことを当たり前に積み重ねてきた人たちです。
これを読んでいるあなたが勉強の成功者となれたら私は嬉しいです。

山梨の塾なら個別指導の学習空間