”学ぶ”ために大切なこと

個別指導塾の学習空間 兵庫エリア 姫路灘・飾磨西教室の大野です。

ぼくは、学習空間という場で小学生、中学生を指導しております。
そこで最近感じていることはどの世代にも共通している「伸びる生徒、伸び悩む生徒」の特徴があることです。

それは、自分から手を動かそうとするか、です。

小学生は比較的手を動かします。子供っぽいからこそ失敗を恐れず自分の考えを書きます。
そういった生徒には「こうすると良いよ。」というだけでどんどん進めるので伸びていきます。

中学生は20%は手を動かし、40%は動かそうとしません。では、残りの40%は?
自分の考えを講師におしゃべりします。これは一見積極的に見えますが”自分の考えに自信がなく、講師の顔色で合っているかどうか確かめたり、集中力が切れて手を動かす以外のことをしたい”ということです。
この40%は、誰かといっしょならできるけどテストで一人ではできない生徒に育ってしまいます。
なのでぼくはよくこう指導しています。
手を動かさない40%の生徒には例題をぼくが書いて「真似してみよう」
おしゃべりする40%の生徒には「書いて考えを教えて」
手を動かす20%には「これ解いてみて」

ただ教えるだけでは、その瞬間は気分が良いかもしれません。しかし、テストなど目に見える結果に出なければ、最終的にはその生徒にとって沼のようなもがいても出られない状況になってしまいます。

せっかく塾に来てくれていて、上記のような言葉をかけるときは自分もつらい気持ちになります。
しかし、テストという目標のために突き放し一人で手を動かさせることが重要だと考えています。

もし、これを見る学生がいれば、まずは手を動かしてみてください。
そこから少しずつ目標に向けて軌道修正していってほしいとぼくは思います。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

『忘れる』ことは悪くない

皆様、初めまして! 学習空間 群馬県央エリア高崎足門教室、前橋小出教室の大岩です!

今回は、勉強することに対する考え方についてお話ができたらと思います。

なぜ考え方のお話をするかと言うと、
僕は、勉強をする時にあまり皆さんに思ってほしくないことがあるからです。

それは、忘れてしまうことを「ダメ」と思ってほしくないということです。

後で説明しますが、
『忘れる』のはある意味、仕方ないんです。だから、ダメだと思わなくていいと思うんです。

勉強をしていると、「頑張って覚えなきゃ。。。でも覚るなんて無理。。。」なんて思うこと、ありませんか???

一旦、そう思い始めると、なかなか勉強に対して前向きになれないし、覚えられない自分に対してダメだなぁ自分…なんて思ってしまいがちだと思います。。。

そう思い始めたら、勉強って苦痛ですよね。

でも、人間にとって『忘れる』ことは当たり前で、普通のことなんです。
忘れることは、頭が悪い、ダメなこととは関係がないことを知ってほしいなと思います。

人は、『忘れる』ことをしないと生きていけません。

例えば、もしあなたが生まれた瞬間からの全ての出来事を覚えていたとしたら。
もちろん生きていれば嫌なこともあるし、その出来事を全部覚えていて、そして嫌な気持ちも全部全部覚えているとしたら。

しんどいですよね。

人はそういったことを『忘れる』ことで精神を保っています。
『忘れる』ってとっても大事なことなんです。

なので、『忘れる』に対して自分はダメとは思わないでほしいなと思います。

ただもちろん、覚えたいことを覚えられるように、そこに向けての努力はできます。
例えば英単語にしても自分の見たことがあるもの、したことがあるもの(「contain=~を含む」⇒そういえばコンテナってでっかい箱でいっぱいのものを含むことができるからコンテナって呼ばれているのかなど)、をイメージしながら覚えたり、一旦忘れたことを復習して「思い出す」ことで定着しやすくする、といった方法もあって、科学的にも効果があるとされています。

学習空間で大事にしている「予習・復習」。これも、『忘れる』を前提とした上で復習をして「思い出す」。これを繰り返すことで多くの知識を記憶に残していきやすくするわけですね。

皆さんも、今までの『忘れる』ことに関して、普通のことなんだな、仕方のないことでもある、と割り切った上で、自分の経験と結びつけて覚えるようにしてみたり、復習をして思い出す、といったことにチカラを入れてみてはどうでしょうか?

きっと、勉強に対して気持ちが楽になるかもしれせんよ。

群馬の塾なら個別指導の学習空間

例えを使う

個別指導塾の学習空間 埼玉中部エリア 埼大通り教室・浦和大東教室の岩瀬です。

算数や数学で例えば2÷5って2/5だっけ5/2だっけ・・と悩む生徒はちらほらいると思います。
そのときに「÷の後がさ分母だよ~」と伝えると「あ~そうだった」とその場では言いますが、またあれ・・?となることがあります。

人間忘れることもあるし、仕方のないことと思われます。
ですがそこで例えを使って印象を残せれば、また悩んだ際に先生がそういえばあんなこと言ってたよな~となると思っています。

実際に私が使う例えは、じゃあ10÷2ってなにになる?と聞きます。
ほとんどの生徒が「5に当たり前じゃないですか」となります。
そこで「分数で10と2はどっちが分母にきて、どっちが分子にくる?」と聞き、答えてくれる子もいればえ~~と・・と考え込む子もいます。
そこで「10/2になるんだよ。それはね約分すると5/1になって5になるじゃん」と。
そうやって考えられたら÷の手前が分子で後が分母に来るんだ!と忘れても丸暗記ではなく順を追って思いだせるようになります。
それを繰り返していけば自然と覚えてきます。

他にも中学受験をする子がいまして、算数はどこの学校も最初の計算問題に分数や小数の混じった四則演算が出ます。
例えば、3/8-□=1/2という問題があるとすると、2つを足すの?引くの?今回は・・・勘で足す!あれ違った・・。となることが多々見受けられます。
そのような場合でも簡単な数字に置き換えて説明します。
9-□=5とあれば□=4とすぐにわかりますよね。
じゃあその4ってどう考えて求められたの?そこがポイントです。
それは9-5で4となりました。
それは左-右をしたら真ん中が出たってことだよね。
だからさっきの問題も左-右をしたら真ん中が出ますよと。

生徒にこんな例えを出しながら楽しくわかりやすく指導しています!

埼玉・大宮の塾なら個別指導の学習空間                         

国語・心情はどこから読み取る?

個別指導塾の学習空間、高砂教室・明石西教室の板倉です。

本日は国語の小説文の読解法(感情の読み取り)と、普段から意識しておきたいポイントをお話ししようと思います。

国語の小説読解において最も大切なのは「客観的に」読むことです。
普段、自由時間に娯楽(楽しみ)として小説を読む場合、登場人物に自分自身を重ねて小説世界に没頭する人が多いのではないでしょうか。しかし、「国語」という教科で小説を読解するにあたっては、とにかく「客観的」に、文中に書かれてあることがらから答えを導きだすことが求められます。

では、いったい何を手掛かりにして心情を読解すればいいのでしょうか。

登場人物の心情を読み取る際に注目すべきポイントは、実はたったの4つです。
①心情語
心情を表す言葉(うれしい、たのしい、かなしい等)が直接的に書いてあるパターンです。これは見つけやすいですね。小説文を読解する際、このような心情を表す言葉があれば必ずチェックしておきましょう。
②セリフ
登場人物のセリフから心情を読み解くことができます。たとえば「やったー!」というセリフがあれば「うれしい」、「ちくしょう、なんてことだ…」というようなセリフがあれば「悔しい」というように。セリフをしっかりと分析して、心情が表現されていないかどうかチェックすることを、普段から癖づけておきましょう。
③動作
登場人物の動作から心情を読み解くこともできます。たとえば「スキップをしながら家路を急いだ」とあれば「うれしい、楽しい」ということが分かりますし、「とぼとぼと肩を落として~」とあれば「落胆している」ということが読み取れます。
④情景描写
小説の舞台・場面から登場人物の心情を知ることもできます。小説の世界はすべて、小説を書いた人の頭の中で構築されています。作者が「このシーンは雨を降らせよう」と思えばそう書くこともできますし、「カラッと晴れたさわやかな太陽を輝かせよう」と思えば、そう書けばよいのです。そんな場面設定において、小説家の人たちは、たとえば登場人物が「深く落ち込んでいる」場合、どんな場面がふさわしいか、と考えて場面を描写します。「気持ちよく晴れた空の下」か、あるいは「どんよりとくすんだ灰色の雲に覆われた空の下」が適切なのか。答えは明確ですね。シーンの描写(情景描写)は、登場人物の心情に沿うよう設定されることを理解して、逆に情景から人物の心情を逆算しましょう。(もちろん、表現上の狙いからあえて外してくることもあります。奥深いですね、文学は…。)

以上、国語の小説問題を読解するうえで注意すべきポイントをお話しさせていただきました。「国語はフィーリング!」なんておっしゃる方もいますが、とんでもない!国語も正しい読解法を意識して練習することで、得点UPを狙うことができる科目です。また機会があれば国語の勉強法について詳しく書いていきたいと思いますが、今回はいったんここまでにしておきます。

国語力を鍛えたい!とお悩みの方は、お近くの学習空間に相談してみるといいですよ!

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

その場面イメージできますか?

個別指導塾の学習空間、三島南教室・三島北教室の安藤です。

皆さんは数学の文章問題は好きですか?おそらく多くの人が苦手意識をもっているのではないでしょうか?長い文章を見ただけで、その問題をとばしてしまう人もいるかもしれません。

今回は少しでも苦手意識をなくすための方法の1つを紹介したいと思います。その方法はズバリ”その文章問題に書かれている場面を絵に描いてみる”です。その問題を解く必要はありません。まずはじっくり読んで1つ1つ出てきたものを絵に描いていきましょう。文章問題に苦手意識を持っている人の多くは、長い文章があるというだけで遠ざけてしまいがちです。

とある同じ物語に「小説」と「漫画」と「アニメ」があった時、あなたはどれを選びますか?おそらく漫画やアニメの方が選ぶ人は小説と比べると多いと思います。それはその場面がイラストやアニメーションという情報として既に与えられているため、内容の理解がしやすいからだと思います。もし数学の文章問題も文章ではなくイラストとして出題されていたら解けるかは別として、とりあえず解いてみようとはする人もいるのではないでしょうか?

もちろんそうはいっても実際の問題でイラストは描かれていないので、だったら自分で文章問題をイラスト問題に変えてしまいましょう!先ほども書きましたがまずは問題を解く必要はありません。ただ文章に書かれていることを絵に描くだけでいいです。それで実際にその場面を表わせているかどうかをまずはできるようにしていきましょう。問題を解くのはその場面をしっかり表せるようになってからでいいです(テスト前だと話は変わってきますが・・・)。慣れてくると問題にもよりますが、絵に描かなくても頭の中でその場面がイメージできるようになり想像力がついてくると思います。

数学の文章問題だけでなく、国語の文章や英語の長文もただ読んでいくのではなく、その場面をイメージしていってみましょう。まずは自分に理解できるように問題を変換していくことが大切です。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

出来ないことは悪くない

個別指導の学習空間 千葉北総エリアの齊藤です。

私が入社してから7ヶ月が経ちました。
人数の多い教室で指導させていただいていたこともあり、たくさんの生徒さんに指導する機会を頂きました。

その中で、「できないこと、わからないことが悪いこと」だと勘違いしている生徒さんが多くいました。
解けなかった自分を責めたり、落ち込んでしまったりと、とにかくわからなかった事実に対してマイナスの感情を持つ生徒さんが多くて多くて・・・。

私はそんな生徒さんを見る度に、いつも同じことを言っていました。
「わからないことなんて誰にだってあるんだよ。大切なことは、わからないことをそのままにせず、しっかりと向き合うことだよ」と。

最近では、前向きに考えてくれる生徒さんも増え、私が伝えたいこと、教えたいことが浸透してきたのかなぁと嬉しく思っています。

これを読んでくれている生徒さんが、出来ないことは悪くないんだ、気にせず頑張ってみよう。と変わってくれることを祈っています!
まだまだ暑い夏は続きますが、体調管理に気をつけて元気に勉強しましょうね!

千葉の塾なら個別指導の学習空間

その場面イメージできますか?

個別指導塾の学習空間、三島南教室・三島北教室の安藤です。

皆さんは数学の文章問題は好きですか?
おそらく多くの人が苦手意識をもっているのではないでしょうか?
長い文章を見ただけで、その問題をとばしてしまう人もいるかもしれません。

今回は少しでも苦手意識をなくすための方法の1つを紹介したいと思います。
その方法はズバリ”その文章問題に書かれている場面を絵に描いてみる”です。
その問題を解く必要はありません。
まずはじっくり読んで1つ1つ出てきたものを絵に描いていきましょう。
文章問題に苦手意識を持っている人の多くは、長い文章があるというだけで遠ざけてしまいがちです。

とある同じ物語に「小説」と「漫画」と「アニメ」があった時、あなたはどれを選びますか?
おそらく漫画やアニメの方が選ぶ人は小説と比べると多いと思います。
それはその場面がイラストやアニメーションという情報として既に与えられているため、内容の理解がしやすいからだと思います。
もし数学の文章問題も文章ではなくイラストとして出題されていたら解けるかは別として、とりあえず解いてみようとはする人もいるのではないでしょうか?

もちろんそうはいっても実際の問題でイラストは描かれていないので、だったら自分で文章問題をイラスト問題に変えてしまいましょう!
先ほども書きましたがまずは問題を解く必要はありません。
ただ文章に書かれていることを絵に描くだけでいいです。
それで実際にその場面を表わせているかどうかをまずはできるようにしていきましょう。
問題を解くのはその場面をしっかり表せるようになってからでいいです(テスト前だと話は変わってきますが・・・)。
慣れてくると問題にもよりますが、絵に描かなくても頭の中でその場面がイメージできるようになり想像力がついてくると思います。

数学の文章問題だけでなく、国語の文章や英語の長文もただ読んでいくのではなく、その場面をイメージしていってみましょう。
まずは自分に理解できるように問題を変換していくことが大切です。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

タイミング

個別指導の学習空間 北海道旭川エリア 旭川東光教室の渡邉です。

「授業の復習いつやるの?」
「今でしょ!」
その感覚はありますか?
ちなみにいつが良いと思いますか?
人間は忘れてしまう動物です。
しっかり覚えたとしても、
時間が経つと忘れてしまう…。
そんな経験ばかりですよね。
でも仕方のないこと。
忘れてしまうものなんです。
それは「できない」こととは違います。
「できる」ようにするために、
タイミング良く復習しましょう!

授業の復習に絞って考えていきます。
授業ではプリントやノートを使います。
またどの教科でも教科書があります。
それらを必ず持ち帰りましょう。
なぜか?
その日のうちに復習するためです。
授業の時間に、
「今日のどの時間を使えるか?」
そこまで決めておくと良いでしょう。
教科書を見直す、
ノートを見直す、
プリントを見直す、
それぞれの授業内容に応じて、
復習できるものをフル活用して下さい。

授業中に
○やる内容を決める
○やる時間を決める
そのイメージがあればできます!
「計画」とまでは言わなくても
決めておくから「やろう!」とします。
実際には1時間の授業内容であれば、
5分程度の見直しで済みます。
手抜きではありません。
その日の授業のことなので、
まだ記憶に新しいことですからね。
このタイミングをつかんでください!
6時間授業×5分
たった30分前後で見直しができます。
授業もまだ思い出しやすくなっています。
だから
短時間でしっかりと見直すことができます。
「鉄は熱いうちに」
自宅で時間が取れないのであれば、
1時間目の内容を昼休みに見直す等、
そんな工夫もしてみて下さい。

もう一つの感覚もあると良いでしょう。
次の授業前に、
先生が教室に来るちょっと前や、
先生が雑談を始めそうなその瞬間。
次の内容に入る前に、
復習でみておいた内容を
再確認してみると良いでしょう。
時間で言えば2分程度ですね。
授業を中心に2回の見直しができます。
忘れてしまう前に、
もう一度覚えているかどうかの確認!
このちょっとずつの積み重ねが、
後に大きな知識となっていきます。

まとまった時間がない生徒にお勧めです。
生活のリズムとして
タイミング良く復習してみましょう!

旭川の塾なら個別指導の学習空間

小テストはありがたい

個別指導塾の学習空間、藤岡北教室の渡辺です。

今回は学校で行われる小テストの重要性についてお話します。

小テストがあると聞くと、多くの生徒さんは「忙しくて勉強してる暇がない」とか「何で定期テスト以外でもテストをするの」など、色々と不満の声をよく聞きます。
大半の生徒さんは定期テスト以外で成績に反映されるものの1つ、ぐらいの認識しか無いかと思います。

ただ私は小テストがあると聞くと、基本的にはありがたいという気持ちが湧きます。
それは本人にとってプラスになることが多いからです。

1つ目は勉強するきっかけになるということです。
当たり前ですが、無いよりは有った方が勉強量が増えるので良いはずです。

2つ目がメインの理由です。
それは皆さんにとっても重要であろう定期テストに向けての準備にもなるということです。
小テストというのは大切な所を確認したいからという理由でも行うことが多いです。
定期テスト前になって、やりきれない、間に合わないといった経験、皆さんもあるかと思います。
しかし、小テストの時にしっかり勉強していれば、定期テスト前に新しく詰め込むのではなく、思い出すだけでよくなります。
その分他の勉強にも時間を使うことができます。

そのため、定期テストや受験に向けてコツコツやるための手助けという考え方もできます。
なかなか忙しい中で小テストに向けての学習が大変な方もいるかと思いますが、これを気に是非変えていきましょう!

群馬の塾なら個別指導の学習空間

間違い直し

個別指導塾の学習空間、加古川南・飾磨西教室担当の渡井です。

今回は、自分の間違いをよく見てみよう、という話をします。

問題を解いてみて、間違ってしまうことは仕方ありません。
大切なのは、次に同じような間違いをしないことです。

ただ丸をつけて終わり、では次も間違ってしまいます。
だから、解説を読んで、それから自分の間違った答えをチェックして、どうして間違ったのかを探してみましょう。

例えば計算問題ならば、プラスとマイナスを逆にしていた、たし算なのにかけ算のルールで計算してしまった、など見つかると思います。
知識の問題ならば、ただ忘れていた、語句を違う意味で覚えていた、など分かると思います。

そこが分かれば、対策できるようになってきます。
例えば計算問題ならば、プラスとマイナスをチェックする、など気をつけるようになります。
知識の問題ならば、覚え直すところが分かります。

もちろん、突然すべて出来るようになる訳ではありません。
自分の間違いをよく見て、対策を見つけて、こつこつと問題を解いていく、の繰り返しなので大変です。
ただ、これを続けていけば、同じ間違いはだんだん少なくなっていくと思います。

自分でなぜ間違ったのかよく分からない時は、分かる人にどんどん聞いてください。
塾の先生でももちろん大丈夫です。

今回の話は本当に大切だと思うので、これまで何度も言われてきたことかもしれませんが、改めてお伝えしました。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間