本庄南教室

つなげてつなげて社会勉強法

個別指導塾の学習空間、坂戸東 本庄南教室担当の望月です。

入試で対応できる社会の暗記の仕方をおつたえします。

ポイントは 
知識はつなげないと入試では対応できない。
A=Bではなく A=B=C=Dと つなげる です!

たとえば
聖徳太子は何をした人ですか?
冠位十二階した。
十七条の憲法をつくった。
などなどありますね。

教科書の黒字で、重要用語です。

もちろん
冠位十二階の意味は才能や功績によって役人に採用した

ととらえる生徒が多いと思います。

これは
用語と意味ですね。A=Bです。

ほかにも
聖徳太子は飛鳥時代
法隆寺を建てた。
世界最古のお寺

なんてのもありますね。
聖徳太子=飛鳥時代
聖徳太子がたてた寺=法隆寺
法隆寺=世界最古のお寺
冠位十二階=才能や功績によって役人に採用した
飛鳥文化=仏教の影響つよい
これもA=Bですね。

ではこの知識をつなげると

聖徳太子=飛鳥時代=飛鳥文化=仏教の影響をうける=法隆寺=世界最古

聖徳太子=摂政=せっしょう=冠位十二階=才能や功績によって役人に採用した

なんて知識がつなげることもできます。
A=B=C=Dですね。

入試テストではこのような問題が出ます。

問2
Bさんは藤原道長について調べたところ,次のa,bの文と資料1,資料2をみつけました。
藤原道長が活躍した時代の文化について述べた文とその時代の代表的な文化財の組み合わせとして正しいものを,
表中のア~エの中から一つ選び,その記号を書きなさい。

a 漢字を変形して,日本語の発音をあらわせるようにくふうしたかな文字ができ,これを用いて人々の感情を書きあらわせるようになった。

b床の間が設けられ,生け花などが飾られたり,石や立ち木をたくみに配置した庭園がつくられたりした。

資料1 平等院鳳凰堂
資料2 水墨画

以下のように解答していきます。
STEP① 藤原道長のキーワードから平安京ととらえます。
STEP② 平安京=国風文化=かな文字ととらえます。
STEP③ 平等院鳳凰堂=藤原氏 ととらえます。

この問題で必要なのは
藤原氏=平安時代=国風文化=平等院鳳凰堂 というキーワードを最低限関連付けてとらえているか問われています。

ということは、ひごろからA=Bしか勉強していないと、、、入試には対応しにくいという問題点にぶつかります。
偏差値50に届くか届かないかの一つのポイントです。
マインドマップという学習方法で有名ですが、
実はポイントをつなげるというのは結構難しいんですよね。
そもそも、ポイントをつなげられるのであれば偏差値50に届くと予想しています。
仮に、勉強苦手な生徒に、じゃあつなげてみようと指導するとなかなか手が進みません。
学習空間では 勉強の仕方を教える塾です。
スモールステップを重ねつつA=Bの学習方法をA=B=C=Dとつなげられるように勉強のサポートをしてまいります!!
もちろん結果はついてくるので、生徒もさらにやる気アップにつながっています!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

勉強をすることは得ですか?損ですか?

学習空間の望月です。

勉強をすることは得ですか?損ですか?
そんな話を生徒にすることがあります。

受験直前の生徒にこの質問をすると「得です。」と回答する生徒が多いですね。

ただ、中学2年生や1年生にこの質問をすると半分の生徒が解答に苦しんでいます(笑)
やらなければならないのはわかっているけど、できるならやりたくない。
って心理でしょうか(笑)

中学1年生の時から受け持っていてこの春受験が卒業した生徒です。
中学1年生当時、その生徒に上記の質問をしたところ、「いやー汗汗。半分半分ですかね。」
なんて解答でした。
この前受験勉強真っ最中に同じ質問をしたら、「得です。後輩にもぜひとも頑張ってほしいです。」
なんて頼りになる解答をしていました。

どうやってこのように変化したのでしょうか?

最初は勉強が苦手で、課題の提出物もぎりぎりだった生徒が、
2年生の真ん中ぐらいからでしょうか。前向きに、自発的に学習するようになりました。
テスト前も毎日塾にきて、課題をきっちり終わらせていきました。
もちろん成績も上がっていき、入塾前と比較すると最高204点アップしました。
受験相談をするなかで、第一志望から志望先変更もしました。
その場合、多くの生徒が勉強に対する意識が下がるなかで、彼女は変わらず勉強をつづけました。

勉強をがんばる姿勢は指導するこちらも感服するぐらいです。

さて、私は遅くまで勉強していたその生徒といろいろな話をしました。
学校のこと、勉強のこと、将来のこと。

そのなかで、本人が、勉強をしてよかった。ということを言ってくれました。
勉強をがんばって身につくことは知識の量だけではなく、
過程の中で学んだ成果ではないでしょうか。

学校で学んだことを一切忘れてしまった時になお残っているもの、それこそ教育だ。
アインシュタインの言葉で坂戸東教室の室訓です。

公式も、知識もいずれ忘れると思います。
それでもがんばった過程が、その生徒の今後の人生をすこし豊かにしてくれと信じています。

今後も指導にまい進していきたいと思います。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

言葉の勉強

個別指導の学習空間、埼玉西部エリア、桶川東・本庄南教室の森井です。

私( )名前( )森井( )。「( )に当てはまる言葉を書きなさい」という問題があったとします。
もちろん、一つ目は(の)で、二つ目は(は)か(が)で、三つ目は(だ)か(です)となります。
この問題で仮に
私(に)名前(が)森井(です)。と答えた場合、○はつけられますか?
つけられませんよね。
上に書いたような答えで部分的に丸をつけてしまっている科目があります。

英語です。

たしかに問題は「カッコにあてはまる単語を書きなさい」となっているので一つ一つを見れば○がつくかもしれませんが、言葉として考えた場合、それはとてもおかしなことになってしまいます。しっかりと言葉としてとらえて全体を見てしっかり覚えていく必要があると思います。
だから、英語の穴埋め問題の問題だとしてもしっかりと文として問題を捉えてノートなどに一文すべて書いて解くようにすると自然と並び変え問題であったり、英作文であったりとできるようになっていると思います。

手間を惜しんで勉強しようとするとどうしても粗くなってしまい得点にはつながりにくくなってしまうと私は思います。
急にできるようになりにくいことだからこそ、普段からコツコツと積み重ねていくことがとても大切だと思います。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

きっかけ

個別指導塾の学習空間 桶川東&本庄南教室の五味です。

私の担当させていただいている教室の高校生の生徒についてお話しさせていただきたいと思います。

その生徒が学習空間に来たのは中学2年生のころだったと思います。当初は他塾へ行くことが決まり、入塾はしなかったのですが、後日通われていた塾が合わなかったようで、学習空間へ入塾することになりました。成績自体は上から30%以内という順位で、成績が…というほどではありませんでした。ただ、これ以上自分で勉強していても成績が伸びる気がしないということで、塾に入ることを考えていたようです。学習空間では集団形式の塾や学校のように先生が一方的に授業を進め、教えるという塾ではないので、勿論、その生徒にも勉強のやり方、つまり予習復習の仕方や、ワークの進め方、進捗管理など成績を上げるうえで基本的なことを身につけてもらうようにしました。

もともとテスト前に一気にテスト勉強をして成績を維持しているタイプの生徒でしたので、どうしても理解力が乏しくなってしまい応用問題が解けなかったり、基礎力が定着していないのでケアレスミスをしたりで得点、順位共に伸びないという状況になっていたため、そこを改善し、日々の積み重ねに努力をするようにアドバイスしたわけです。その甲斐あってか、その生徒はみるみる成績が伸びていきました。

現在、その生徒は第一志望校に合格し、次の目標に向かって塾に通い続けてくれています。中学生で身につけた自身の勉強のやり方をしっかりと実践し、前回のテストでクラス1位、学年2位という結果を出しました。これは生徒自身の努力と積み重ねの結果ですが、成績を伸ばす転換点となったのは学習空間を選んでくれたからだと敢えて言わせていただきたいです。今後もその生徒の成長を楽しみにしつつしっかりと指導に当たっていきたいと思います。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

学習方法の科学的根拠

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア 桶川東&本庄南教室の五味です!

今回のタイトルにある学習方法の科学的根拠ですが、近年の研究により実は万人に通じる効率的な学習方法や最も最適な学習方法は無いということが支持されつつあります。
米国のインディアナ大学医学部の研究者による論文報告だそうですが、結論からすれば「画期的な学習方法など存在しない!」ということだそうです。

調査結果によれば、まず67%の学生が自己の主要学習スタイルで勉強できておらず、また、それぞれの学習スタイルに一致したやり方で勉強した学生においても、特に成績が優れているということはなかったとなっており、主要学習スタイルと成績には相関関係がみられないと結論付けております。

従って、画期的かつ画一的な学習方法などはなく、一人一人にあったものを探し求めることが良いということになります。確かに個人個人において、記憶力も理解力も違うわけですし「この方法でやれば大丈夫!間違いなし!」というのは強引かもしれません。

そんなわけで、学習空間は個人個人に合った勉強のやり方を提案できる塾ですから、様々な方法を通じて自分に合った学習方法を見つけられると思います。更には今まで多くの先生方が「勉強のやり方ガイド」において提案しております。いろいろな方法をとっかえひっかえ、または組み合わせたりしてやってみるのも良いかと思います。是非、自分に合った、自分だけの勉強方法を見つけてもらいたいと思います。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

文字式の文章題

個別指導塾の学習空間 埼玉西部エリア 桶川東・本庄南教室の森井です。

中学校に入っての数学で嫌なところは、文字式という子は多いと思います。
特に、文章を式にするとなると…「a円の商品とb円の商品をそれぞれ10%引きで買った金額」…もはや何をどうすればいいのかわからなくなってしまうのではないでしょうか。
そんな文字式もまずはわかりやすい数字を入れて考えるとわかりやすいのではないかと思います。
上の例に数字を入れて考えると…「100円の商品と200円の商品をそれぞれ10%引きで買った金額」…100円の10%引きと200円の10%引き―100×0.9+200×0.9。。。ここで答えを出すのではなく、数字を元の文字に直すと―a×0.9+b×0.9=0.9a+0.9bほら出来ました。

もちろん、何%引きとか増しとかの計算法は知っていないとできないかもしれませんが、考えやすい数字であらかじめ式を作ってみると案外簡単に作れてしまう問題は多いんです。
何%引きや何%増しというのも普段生活している中でたくさんあふれていることだと思います。
「10%増量」、「30%オフ(引き)」などなど意識すると勉強とは直接関係なさそうなことでも意識すると視界が一気に開けることもあるかと思います。

文字式の文章題ができるようになると方程式の文章題もまずは式を立てることが出来るようになって、白紙で出すようなことも減るのではないかと思います。
練習も必要ですが、まずはわかりやすい数字を入れて式を作ってみる、です。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

中学理科

個別指導の学習空間 埼玉西部エリア 鴻巣西・本庄南教室の高橋です。

今回の内容は中学生の化学です。

みなさんは理科が好きですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、理科が嫌いと思った人!!
理科というのは、生活のあらゆるところで使われていますよ(*^_^*)

何に使われているか気になる人は、学校の先生や、保護者の方に聞いてみてください(笑)

さてさて、理科が嫌いな人はなんで嫌いなんだろうなーって考えてみました。

そしてまずあるのは、定期テストで点数が取れないから。

というのが一番多いのではないでしょうか?

これはすべての科目に共通しているかと思います。

点数が取れない→苦手→嫌い→勉強が後回しになる

この連続でどんどん点数も取れなくなってしまい、また嫌いになります。

では、どのようにしたら点数が取れるのか。

今回はそんなお話をさせてもらいます。

私は化学が大好きなので、化学がメインになります(笑)
皆さんは、化学をどう勉強していますか?

・教科書の内容をまとめる。
・ノートをまとめる。
などなどいろいろなことをしていると思いますが、一番重要になってくるのは、

実験に出てくる、図をしっかりと覚えることです!!

化学の実験で、有名なのが炭酸水素ナトリウムの分解ですね!

これを聞いた瞬間にどんな実験の図かピンときましたか?

そうです、これが大切です。

加熱されている試験官の口の部分は、必ず底よりも低くなっています。

図を正確に覚えていれば、なぜ、底よりも口が低くなっているのか、気付けます。

なぜかと言うと、炭酸水素ナトリウムを分解した際に、水ができます。
この水が加熱部に流れると、試験官が割れてします可能性があるからです。
(試験官はガラスです。なので加熱部は火があたって高温な状態になっています。そこに温度の低い水が触れると、パリンと割れてしまいますよね・・・)

ガラスは、急激な温度変化に弱いです。
いきなり温めたり、冷やしたりすると、割れてしまうんですね。

だから、試験官の口は底よりも低くなっています。

このように、しっかりと図を覚えておくとテストの時に、忘れてしまっても「考えればできる」ようになります。

この考えればできる。と言うのが、社会のように暗記ではなく面白いところです。

5月の中旬から6月の上旬にかけて定期テストがある学校がほとんどだと思うので、化学がテスト範囲の生徒は図を積極的に覚えてみてください!!
1年生の物質の単元でも使えますよ(*^_^*)
3年生のイオンの単元でも使えますよ(*^_^*)

これで、少しでも点数が上がるのが楽しみです!!

そして点数が上がったら、少しずつでいいので理科が好きになってください(^_^.)

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

アクティブ・ラーニングのすすめ

個別指導の学習空間 埼玉西部エリア 桶川東・本庄南教室の五味です。

数年前からアクティブ・ラーニングという言葉を聞くことが多くなってきたと思います。
特に大学、私立の中学では学校案内のパンフレットなどに目を通すと、必ずといってよいほどこの言葉を目にするはずです。一般的に「能動的学習」と日本語訳されますが、先生が講義や授業などを通して一方的に知識を与える学習形態から、生徒自身が「いかに学ぶか」といった点をも含めた学習形態ということになります。
少しわかりにくいかもしれませんので、大雑把に言えば、「一方的な授業とかでなければ、アクティブ・ラーニング」と考えても良いのではないでしょうか?
で、このアクティブ・ラーニングですが最も手軽にできるのが、「友達と教え合うこと」、「問題を考えて、友達と答えあうこと」、「家族等に習ったことを説明する、教えてあげること」です。
例えば、仲の良い友人に自習の時間などに自作の問題、質問を投げかけてみる、塾の送迎をしてくれるお父さん、お母さんに社会や理科の重要語句の説明をしてみる、教えてあげる等などです。
上手く説明できたとき、友達が答えられなかったとき、優越感や満足感が得られるでしょうし、勉強に対してやる気がわいてくると思いますよ。
是非、試して下さい。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

効率を上げる!

個別指導塾の学習空間 埼玉エリア 鴻巣西・本庄南教室の高橋です!

今回お話しする内容は、ずばり、タイトル通り「効率を上げる!」です。

 

まず初めに皆さんは、朝起きてから一番最初にすることは何ですか??

日光を浴びたり、シャワーに入ったりetc・・・

実はですね、テスト前や朝勉強したい人にお勧めなのは、

歯を磨くことです!!

なぜかと言うと、歯ぐきというのは脳に一番近くて、さらに皮膚がとても薄いんです!!

(歯磨きをしていて歯ぐきから血が出た経験ありますよね??それくらい皮膚が薄いんです!)

なので朝一番に歯を磨くととても脳が活性化されます!

そうすると朝からでも勉強に励めるってわけですね!!

 

そんなようなことをいくつか紹介していこうと思います!

 

・勉強するときに、お勧めなのは、ガムです!!

チョコレートがいいとよく聞きますが、チョコレートだと糖分が多すぎて逆に集中しにくくなります。(個人差はありますが・・・)

ガムはかなりの時間噛むことができて歯を動かすので、結果として歯ぐきを刺激してくれます!

歯磨きと同じ感覚ですね!

・朝ごはんにコーンフレーク!

白米をしっかりと食べたほうがいいということもよく言われています!これに関しては私の好みです。。。

コーンフレークの方が良く噛むからという理由です。

やはり脳を刺激してくれますね!

これらのように、勉強で大切なことは「脳を刺激すること」

脳にどのように刺激を与えればいいのか分かったと思うので、次のテストでは、最高得点が取れそうですね!!

日々の基本的な知識や努力があってこその話なので毎日頑張って勉強に取り組みましょう!

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

保護者の方の勉強のやらせ方ガイド

個別指導塾の学習空間 埼玉エリア 桶川・本庄南教室の五味です!!

今回は生徒向けというよりも、保護者の方の視点から、お子さんに勉強をやらせる方法について触れてみたいと思います。

保護者の方と面談をすると、大抵の方はお子さんが「家では全然勉強しなくて。」とか「勉強しなさいと言っても、全然やらなくて。」

とか言われます。特に、中学生くらいではと自我が確立してきて反抗期になると、なにかしら理由をつけて家庭学習をしなくなるということが多いと思います。勉強が好きという子供は圧倒的に少ないでしょうし、むしろ勉強が嫌いというのが基本的だと思います。

そんな子供たちに、「勉強しなさい」といったところで、するわけもないでしょうし、益々、嫌いになって余計やらなくなるだけです。

また、お子さんの方では、「親が勉強しろ、勉強しろってうるさい」とか「勉強しろっていうだけで、何もしてくれない」ということを言ってきます。

こうしてみると、保護者の方と考え方とお子さんの考え方とでは大きなすれ違いがあり、なかなか子供が勉強してくれないという状況に陥っていることがわかります。

私が塾の講師をしている中で、ご家庭で子供に勉強させるために、最も効果的なのは保護者の方がお子さんの勉強に関わる事だと思います。

具体的には、「勉強を教える」とか「答えの出し方を教えてあげる」とかではなくて良いのです。「解答を見ながら○つけをしてあげる」とか「教科書を一緒に読んで答えを探してみる」とかで良いです。その結果答えが出なかったとしても、その際は「じゃあ次に塾に行ったとき先生に聞いてみなさい。」とかで良いのです。お子さんにとって重要なのは関わる時間であって、「勉強しなさい」と言うことではないのです。ご家庭では「教えること」を重視するよりも「関わること」を重視していけば、必ず効果が出てくるはずです。保護者の方は仕事等でお忙しいこともあり、なかなかお時間を割くのも難しいとは思いますが、ぜひ試してきていただきたいと思います。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス