英文法の攻略法は?

個別指導塾の学習空間、栃木室町教室の宮下颯史郎と申します。
今回は、私の英文法の覚え方をお話ししようと思います。

結論から申し上げますと、自分の母国語との違いを発見して、納得することだと思います。

まず、文法とは何かというと、簡単に言えば、『英単語をこの語順に並べてください』というルールです。英文法が難しいと感じて、英語に苦手意識を持ってしまう人もいるかと思いますが、日本語と同じように英語にも、ある程度のルールはあるということをまず、納得してみてください。
例えば、日本語では、文末に動詞を使いましょうというルールがあるかと思います。例を出すと、「私は昨日、英語を勉強した。」といった例文ですね。一方、英語は、”I studied English yesterday.”のように動詞はではなく、主語の次に来ています。
これが一般的な、日本語と英語の違いです。生徒の英語を指導していて、語順が結構バラバラになっている生徒が、今までにもいましたが、まず、このような規則性の違いを発見できるかが、英文法を攻略できる1つのカギだと思います。

そしてもう1つ、疑問文のときにbe動詞は、文頭に行くのに、playとかswimとか一般の動詞は、どうして文頭に来ないの?ということも、日本語と英語の近いですよね!
これは、英語には、「助動詞は、疑問文のときには文頭に置いてもいいが、一般動詞はだめ!」というルールがあるからなのです。ちなみに、一般動詞の疑問文には、Doが使われますね?このDoもbe動詞も実は、助動詞なのです!だから、疑問文では、文の最初に来ます。けれど、日本語では、「行った?買い物」のように、日常生活でも、たまに使うことがあります。これは、日本語ではオッケーだけど、英語ではダメなのかな?といったことを考えたり、見つけたりしてみてください!
それだけで、英文法は覚えやすくなると思います。

栃木・小山の塾なら個別指導の学習空間

質問上手になろう!

個別指導塾の学習空間 愛知エリア豊田朝日・岡崎東教室の宮﨑です!

今回は、「質問上手」というテーマで書かせてもらおうと思います。
成績が伸びやすい生徒は、質問上手という特長があります。反対に成績が伸びにくい生徒は、質問の仕方が上手ではありません。例を挙げて説明します。

○よい質問の仕方の例

生徒A:「先生、間違えた問題の解説を見てやり直しをやっているんですけど、途中までは理解できましたが、ここがなぜこういう風な考え方になるのか分かりません。その意味が分かれば解けそうなので、なぜそうなるのか教えてください!」

先生:「なるほど、いい質問だね!それじゃあ、ここをこうすればどうなると思う?」

生徒A:「こうなると思います。」

先生:「その通り!じゃあ、それをこう当てはめれば解説に書いてあることが見えてきたね!」

生徒A:「あ!見えてきました!よし、理解できました!」

先生:「よくできました!類題なんかもたくさんやっていこうね!」

生徒A:「はい!ありがとうございます!」

○よくない質問の仕方の例

生徒B:「先生、分からないから教えてください!」

先生:「この問題のどこが分からないの?」

生徒B:「いや、何となく分からないです…。」

先生:「質問してくれるのは嬉しいけど、まずは解説をよく見て自分の頭で考えないと意味ないよ。」

生徒B:「分かりました…。解説をよく見て自分でまず考えてみます。」

先生:「OK!それでも分からないときは遠慮なく質問してね!」

いかがでしょうか?
どちらの生徒の方が成績が伸びやすいか一目瞭然だと思います。

前者の生徒Aは、まず自分でしっかりやり直しをした上で、それでも分からないところを具体的に質問しているので、自立学習をしつつ、上手く先生の力を借りているんです。
時に質問をすることを恥ずかしいとか恥だと感じているような生徒もいます。
そんなことは全くないんです!
大切なのは、質問の仕方なんです!
「質問上手」になることこそが、学力向上の第一歩です。

一方、後者の生徒Bは、ただ漠然と分からない問題についての質問を先生に投げかけているだけで、自分の力で理解しようという姿勢がないですよね?
こういった受動的な勉強のやり方では、結果は絶対についてこないです。

学習空間の平日の指導スタイルとしては、先生がいつも近くにいて手取り足取り教えてくれるスタイルではないです(土曜日は少人数指導のハイブリッドスタイルです)。
将来的には塾に来なくても一人で勉強できるように、勉強のやり方の指導に重きを置いています。
先生1人に生徒が2,3人のような個別指導塾が多いので学習空間の指導スタイルに最初は心配される保護者さんもいらっしゃいますが、このスタイルでほぼ全員の成績を伸ばしているので、結果で証明しています。
さあ、生徒の皆さん、質問上手になってどんどん成績を伸ばしていきましょう!!

愛知の塾なら個別指導の学習空間

テスト2週間前って何するの?

個別指導塾の学習空間 札幌第1エリア 札幌前田教室・学習空間プラスの三上です。
初めまして!こちら初投稿ですね、よろしくお願いいたします。

皆さんよく、「テスト前なんだから勉強しなさい」や「勉強しなきゃ」って言われませんか?
でもテスト前って実際何をどうやって勉強すればいいの?という疑問を持っている生徒もいると思います!

なので今回は実際に私が中・高校生の時に行っていたテスト勉強法を紹介いたします!
人によって合う合わないはあると思うので、あくまで参考程度にどうぞ!

まず、私はテスト前の2週間はほとんど暗記科目に費やしていました。というのも、私が直前暗記タイプの人間だったからです(笑)
数学や英語といった科目はやはり日頃から勉強して体に沁みつかせるのが1番です。
自然と公式や文法、熟語が出てくるまで日常生活に英数科目があるだけでもテスト前の2週間は大分楽になります!
そうすることでテスト前の2週間にやらなければいけないことの中から英数を前々日くらいの最終チェックのみにして理社国の暗記科目を頭に叩き込む時間を作ります。時間は有限ですから、全部を詰め込もうとしてもどこか溢れてしまうものです。そこで私は「日頃から勉強することでテスト前の2週間で頑張らなくても大丈夫な教科」を作り、ひたすら暗記科目の自問自答をしていました。

この勉強法で大事なポイントは、「いかに普段英数科目をちゃんと勉強して理解度を深めておくか」が重要です。自分が自信を持って「英数科目はあと少し確認するだけで大丈夫!」となるまで体に英数を沁みこませましょう!(笑)
暗記方法は他のたくさんの先生方が様々な方法をこのブログに載せてるので、自分に合いそうな方法是非探してみてください!

コスパよく、効率よく勉強してテストで目標点数を超えていきましょう!
以上です。ここまで読んでくださりありがとうございました!

札幌の塾なら個別指導の学習空間

勉強のやり方を一工夫

個別指導塾の学習空間 佐野南・美しが丘教室の増田です。

今回は、勉強に対する付き合い方について、お話ししたいと思います。

学校での楽しみといえば、友達と話すことだったり、部活動だったり、給食だったりと人それぞれかと思います。
ただ、授業を通して勉強をして、テストを受けることは共通しているかと思います。
でも、この授業やテストを楽しめている人はあまりいないと感じています。

そこで、勉強に楽しみ要素を加えつつ、手軽に誰でもできる方法は何かと考えました。
私が実践した方法は、「課題を設定して、達成できるたびに自分の楽しみを行う!」でした。

具体的には、
一回に行う勉強の課題を自分で決めて、達成できたら、楽しみを行うことです。
この”勉強”と”楽しみ”を交互に行います。

例えば
英単語20個覚えたら、大好きゲーム1時間行うなどです。
この、単語とゲームの組み合わせでは、交互に行うことも効果的だと思います。

勉強に苦手意識をもつ生徒ほど、少しでも勉強するという習慣がないと思います。
ですが、この方法であれば、勉強を少しでもすることが日課になっていくはずです。
また、勉強と、自分の楽しみのバランスが保てて、時間を有効活用できるはずです。
今日は勉強できなかったとネガティブになることもないでしょう。

ルールにする難しさ、勉強が雑にならないように気を付けることなど注意点はあります。
ただ大量の勉強をするだけでなく、目的をもって行えるため、集中した学習ができると思います。
継続することが大切な勉強(英単語など)に対して、特にオススメです。

今日から、実践してみてはどうでしょうか?
この方法以外の、自分だけの勉強法を見つけてみるのもいいかと思います。

栃木・小山の塾なら個別指導の学習空間

5感を使った勉強法

個別指導塾の学習空間 札幌第1エリア 札幌太平教室・北24条東教室の本間です

みなさんは勉強が好きですか?正直、私は勉強が嫌いでした。
じっと座って勉強しなさいとか、静かに勉強しなさいとか
拘束されてやらされている感覚が強かったので
とても苦手意識をもっていました

かといって、運動も特別好きってわけではなく
体をすこし動かすくらいなら…レベルで
がちがちにトレーニングするなどは以ての外
何事も「いやだ、めんどくさい」が付いて回る
ネガティブな学生だったと思います

そんな私が実践した勉強方法。
それが「5感を使った勉強法」でした
まず、5感というのは、嗅覚、視覚、聴覚、味覚、触覚のことで
においをかぐ、ものをみる、おとをきく、ごはんを味わう、ものをさわる
これらを、勉強に結び付けていくことを実践していたわけです。

嗅覚を使った勉強は、
芳香剤や消臭スプレーを振りまいた空間で
勉強をすることで、リラックス効果があるのではないかと
勝手に実践したものです。

視覚は、地図や名所などを写真など
インターネットから引っ張ってきて
みて覚える方がわかりやすいと思い考案しました

聴覚は自分の声で問題を読み上げることで
自分の声を耳から通して聴くことや
友人と問題を出し合うことで会話形式で
友人の声を聞くことで覚える

味覚に関しては、はしたないですが
ご飯を食べながら勉強をして
科目と食事メニューをリンクして覚える方法です

触覚は体を動かしながら勉強することです
走ったり、ストレッチをしたり、筋トレしたり
運動を取り入れながら勉強をしました

正直、うまくいったものもいかなかったものもありますし
5感を使うことを意識して行うほど賢くはなかったので
偶然のたまものでしかないですが実践した記憶は残っています

人それぞれ、勉強法には得手不得手あり
長期的にみて身につくものや、短期的にしか身につかないこと
沢山挑戦したことで自分にあう勉強法を学び
確立することができました

環境によってはそぐわない方法もあるかもしれませんが
自分が一番覚えやすい方法が自分にあった方法を
実践して、取り組むことが何より大事な勉強方法だと思います

まずは実践すること、失敗してもいいから続けること
これは勉強だけではなく、人生で大切な勉強方法じゃないでしょうか

札幌の塾なら個別指導の学習空間

文の区切り方

個別指導塾の学習空間、裾野教室・富士宮教室の福地です!

こちらには初めての投稿になります。
今回は、国語の文の品詞分解の入りについて整理したいと思います。入りなので、そこまで細かいことは書いていません。
あと私は理系出身なので、自身の確認も兼ねています…!

品詞分解の前に、まず文節に区切るときのルールですが、3つ覚えれば大丈夫です。
①「ね」を入れて読む

②「て(で)・く・じゃ」の後で区切る
歩いて行く→歩いて/行く
頼んでみる→頼んで/みる
遠くなる→遠く/なる
失敗じゃなかった→失敗じゃ/なかった

③「こと」「とき」「もの」「とおり」「ため」「ところ」「わけ」の前で区切る
明日することを考える→明日/する/ことを/考える

意味のわかる言葉が、1つの文節に1個になるように区切ることを意識すると良いです。

さらにここから単語へ区切っていくわけですが、品詞は単語の種類のことで、全部で10種類もあります!
順に挙げると…「動詞」「形容詞」「形容動詞」「名詞」「連体詞」「副詞」「接続詞」「感動詞」「助詞」「助動詞」
これらをいきなり1つ1つ区別するのは難しいので、まずは「自立語」か「付属語」か見分けることと、「活用」があるかないかを見分けることからやってみましょう。
自立語はそれだけで意味がわかる言葉、付属語はそれだけでは意味がわからない言葉、です。
単語がどちらかを見分けるには、文節に区切った時に、各文節の最初に来る単語が自立語、残りは付属語になります。(文節には意味のわかる言葉が1つまで入る、というルールに繋がっていますね)
付属語は「助詞」か「助動詞」のどちらかで、自立語はそれ以外の品詞になります。
活用は、語尾が変化することです。
例えば「走る」は「走って」「走らない」などに形が変わりますよね。
これらのことから、
自立語で、活用があるものは「動詞」「形容詞」「形容動詞」
自立語で、活用のないものは「名詞」「連体詞」「副詞」「接続詞」「感動詞」
付属語で、活用のあるものは「助動詞」
付属語で、活用のないものは「助詞」
と、4つに大別する事ができます!
これだけでも、少し品詞分解できた気がしませんか?
ここから、助詞には「格助詞」「副助詞」「接続助詞」「終助詞」の4つがあり、格助詞の「の」の識別は~というように、細かい見分け方に繋がっていきますが、まずはこの分け方を完璧にしてから、さらに細かい見分け方に進んでいくのが良いと思います!

最後に例題をいくつか用意したので、良ければ挑戦してみて下さい。

問1 次の文を文節ごとに/で区切りなさい。
①学校が終わった後の塾は中々大変だ。
②高いところの物を取るために、はしごを使った。

問2 次の文の単語について、あとの①~③に答えなさい。
高い ところ の 物 を 取る ため に、 はしご を 使っ た。
ア   イ  ウ エ オ カ  キ  ク   ケ   コ  サ  シ

①自立語と付属語に分けて、記号で答えなさい。
②活用のある単語と活用のない単語に分けて、記号で答えなさい。

答え
問1
①学校が/終わった/後の/塾は/中々/大変だ。
②高い/ところの/物を/取る/ために、/はしごを/使った。

問2
①自立語:ア、イ、エ、カ、キ、ケ、サ 付属語:ウ、オ、ク、コ、シ
②活用のある単語:ア、カ、サ 活用のない単語:イ、ウ、エ、オ、キ、ク、ケ、コ、シ

静岡の塾なら個別指導の学習空間

「打ちこわし」と「百姓一揆」の違いって?

個別指導の学習空間
上尾西教室&入間扇台教室の本橋です。

今回私からは、「社会」のネタを一つ投稿しますね。

「歴史」です。
それも、
【打ちこわし】と【百姓一揆】の違いについて。

これ、どちらも「江戸時代」「暴動」が共通しており、非常にまぎらわしいんですよね。
生徒さんも混同してしまうケースが多いです。

とりあえずどっちも、
「農民の反乱?」で何とな〜く覚えている人、多いのではないでしょうか?

でも実は、ハッキリとした違いがあるんですね。

こんな感じです↓

【打ちこわし】
誰が?→「都市の住民」がおこした。
どこで?→「都市」でおきた。
文句は?→「米よこせ!」

【百姓一揆】
誰が?→「農民」がおこした。
どこで?→「農村」でおきた。
文句は?→「年貢減らせ!」

けっこう違いますよね。

少しだけ詳しくいきましょう。

「打ちこわし」を起こしたのは、「都市部の住民」です。
江戸や大阪などの都市部で起きた暴動です。
米を買い占めた米商人の家などを、破壊したりしました。
「飢饉で米が不足してんのに、ひとり占めするなー!」て感じですね。

一方、
「百姓一揆」を起こしたのは、農民。百姓ですね。
これは「農村」で起きました。
目的は、「年貢を減らせ!」です。
当時の税金は、お金ではなく米(年貢)。
「税金が高すぎて生活が苦しいよ!」と村役人や領主に訴えたんですね。

「江戸時代」「米」「暴動」がもろに共通してるから、まぎらわしいんですね。
でも、以上の「違い」を抑えておけば大丈夫です。

まとめますね。

【打ちこわし】
→都市で。都市の住民が「米よこせ!」。

【百姓一揆】
→農村で。農民が「年貢減らせ!」。

これで完璧ですね。

ちなみに、「百姓一揆は打ちこわしほど過激ではなかった」という記録もあります。
そのため、
「打ちこわし」=暴動
「百姓一揆」=デモ
このイメージで覚えておいて大丈夫かと思います。

さらに「土一揆」てのもありますが、
こちらは「室町時代に起きた百姓一揆」
て覚えておいて大丈夫です。

歴史は、用語を覚えればとりあえずテストで点数はとれます。

しかし、
「そのできごとがなぜ起きたの?」
「そのできごとの後、社会はどう変わったの?」

これを学ぶことで、歴史は楽しくなります。

歴史は「点」で学ぶのではなく、「線」で学ぶ。
…少し難しいかもしれませんが、これは重要なポイントです。

以上
ありがとうございました。

埼玉の塾なら個別指導の学習空間

一番良い教科書って知ってますか?

初めまして。学習空間山梨エリア、竜王・石和教室の西田です。

教科書って文字多くて読みづらくないですか?解き方書いてくれてくれているけど式と式の間分からないことないですか?

さて、皆さんは一番使いやすく、一番身になる教科書を知っていますか?(長い文が読むの苦手・重要語句やその意味が暗記できない・計算方法がよくわからなくなる・受験のため1から学ぶ直す子は特にオススメです。)

結論から言うと、
「自分で教科書を作ろう。」
です。

自分で教科書を作る???
→では、やり方をまず説明しましょう。

参考にするものは何でもよし!
ワーク・教科書・先生・授業ノート
何を使ってもいいです。(多ければ多い方がいいです。)

それをひたすらノートにまとめる!
そう!教科書のように!

しかし・・・文章や色分けは自由なんです。←ここが利点

例えば例題と解き方・考え方はまとめるのがよいでしょう。
また、例題は教科書の例題ではなく、ワーク等から自分で解いた物がお勧めです。

さらに・・・苦手な内容は重点的に!教科書に載っていないような内容も!友達と遊んだ語呂合わせを!

友達とクイズゲームをしたい場合は読みやすい形に!?
自由性が高いので、楽しく!

・・・結構時間かかるんじゃ・・・。
覚えられない・難しいと文句言う前にやってみなされ。

教科書を作ろうとすると、わからないことがあると進められないんです。(進めないでください。)
そこを徹底して進めていくと・・・その教科書は結果見返すことはなくなります。
(カンニングペーパーを作ると本番使わない・・・なんて聞いたことあるように・・・?)

ですので、「教科書を作る。」というのは自分の記憶を最大限引き出せる物になります。
忘れたらそれを読めばすぐに思い出せる。そんなもんです。
少し頑張れば愛着も湧きますし、受験対策はそのノートだけで教科書になります。
一石二鳥ですね。

皆さん、最高の教科書を作ってみてください。(字はきれいにね)

それでは、皆さん良いスタディライフを!!!

山梨の塾なら個別指導の学習空間

やっぱ読書って大事

個別指導塾の学習空間 明石魚住・加古川平岡教室の中林です。

こちらでは初めましてですね。
今日はいつもと違って少し真面目に、本を読むことの大切さをお伝えしようかと思います。

では早速ですが、なぜ本を読むことが大切なのかというと知識や知っている言葉の量というものは直接的に自分の能力につながっていくからです。

例えば英語の長文の問題で野球のルールに関する文章が出てきたとしましょう。
もちろん英語が得意な人や長文問題が得意な人は何もせずとも解けるでしょう。
国語な得意な人でも、英語自体が苦手でも長文は読めたりすることもあります。

では、英語も国語も苦手な人では為す術がないのでしょうか?
実はそうでもありません。というのも野球のルールを知っている人であれば文章を読める、問題が解けることがあるのです。
全ての問題で通用するわけではありませんが、文章の内容一致だったり、問題によっては穴埋め問題でも対応ができたりします。

他にも例えば地理の問題で、北海道に関する問題が出たときに北海道について勉強していなくても北海道に行ったことがあり、ある程度北海道に関することを知っていれば解ける問題があることもあります。

このように知識を持ってさえすれば対応できるものは案外あるのです。
ではこの知識をどのようにつけるのがいいのでしょうか。

一番いいのは経験することです。
手っ取り早いし、何より身をもって体験することで定着しやすくなります。
しかしながら、いろんなことに手を出してると時間と体力がいくらあっても足りません。

そこで登場するのが本です。ここでの本というのは、小説やエッセイなどの文学書や社会学や経済学などの評論書などのことです。
本であればその1冊を読み終えるまでの時間で知識を手に入れることができますし、読むだけなのでそこまで体力を使いません。
場面や状況を想像する力や連想力が必要になってきますが、時間と体力を考えるとコストパフォーマンスがかなりいいのではないかと思います。

ただし、ただただ読むだけでは意味がありません。
読みながら気になった言葉や内容がわからないときには辞書やインターネットを使ってどんどん調べてください。
わからないまま進めても意味がないのは、勉強でも読書でも同じです。

「何の本から読めばいいかわかりません!!!」という人は、まずは自分の興味のある分野の本から読み始めてみるといいと思います。
私も最近は読めていないので、何か1冊読んでみようと思います。

それでは今回はこの辺で。

兵庫の塾なら個別指導の学習空間

丸付けの大切さ

個別指導塾の学習空間 愛知エリア 岡崎南・豊田朝日教室の中川です。

初めての投稿となります。よろしくお願い致します。

まず、皆さんは丸付けはどのようにしているでしょうか?

問題を一通りといたら丸付け、範囲全部やったら丸付け、気分になったら丸付け。
暗記の方法や問題の解き方に勉強は目が行きがちですが、丸付けも大変重要な作業の一つです。

方法はさまざまですが、自分が書いた答えを合っているか確認し、間違っていたら×を付け、見直す。
一見当たり前と思える作業ですが、ないがしろにしている人が多いと思います。
間違っているのに○にしたり、漢字だと部首が間違っているのによく確認もせずにしたりなど、
心当たりはないでしょうか。

×が恥ずかしい、間違ってばかりのテキストを他の人に見られるのが嫌だ。
そのような理由も聞いたことがあります。
しかし、人は絶対に間違えます。間違えない人などいません。練習の際の×はいいのです。
本番で○にすれば何も問題がないのです。

恥ずかしいのは、間違えたことを合っていることとしてテストで間違えることです。
自分の答えが間違っているなら思い切って×を付け、理解できるように対策をしていってほしいと思います。

また、丸付けは教科によってやり方も変えていくのも一つの手です。
数学など、間違えた際に途中式等の答えを全て冊子に書く、そういった方法もあると思いますが、
2回目、3回目をやり直す際、答えが見えてしまうと思います。

なので、×だけ付けるといった方法もお勧めです。
すると1冊で消せば何周も可能ですし、克服できたなら別の色で○をつけたりしてテスト前に別の色の部分は特に見返す等、工夫がさらに広がります。
社会等の暗記教科は赤シート等で隠してやるために赤で答えを書いておく。賛否ありますがこれもまた人それぞれの工夫だと思います。

勉強法は何が正解かはありません。人それぞれ合う合わないがあるので当たり前です。
ただ、なかなか成績が上がらず、今のやり方に疑問を持っているなら、勉強がただの作業になっているなら自分のやっていることを見つめ直し、新しいやり方の模索や、やり方の改善をしていってほしいと思います。

自分が確認している答えは他の誰でもない、自分が書いた答えです。自分でしか直すことができません。
誰のためでもない、自分自身のために様々なことを学んでいきましょう。

愛知の塾なら個別指導の学習空間